最大のライバル?韓国代表をチェック

サッカー日和  アジアの強豪国と言えば、韓国を真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。実際に、韓国代表は長年にわたって、アジアの強豪国として、何度もワールドカップへの出場を果たしています。

そして、日本にとっては最大のライバルとして、何度も死闘を繰り広げていますので、記憶に残っているという方も多いのではないでしょうか?

そこで、ここではサッカー韓国代表についてチェックしてみましょう。

韓国サッカーの歴史をチェック

 韓国代表がはじめてFIFAワールドカップに出場したのは、1954年のスイス大会でした。この大会予選では、日本代表を破って出場を決めています。

しかし、この大会で韓国代表は屈辱的な経験をすることになります。当時、直通便でスイスまで行くことができなかったことから、船で日本を経由し、民間機、さらにはアメリカの空軍機などを乗り継いで、一週間もの時間をかけてスイスにようやく到着したのは、初戦の試合開始十数時間前になっていました。このような状況で、コンディションは最悪の中、対戦相手は、3年間にわたって無敗を誇っていたハンガリー代表が相手で、FIFAワールドカップ史上でも最悪の記録となる0-9という大差で敗北しています。そのショックをぬぐえないまま、第2線でも、トルコ相手に0-7で、敗北し、世界中のマスコミから酷評されることになってしまいました。

その後2回目のワールドカップ出場は1986年のことでした。前回の初出場から、実に32年ぶりの出場となります。 この大会ではグループリーグでアルゼンチン、イタリア、ブルガリアのいわゆる「死の組」での戦いとなりました。結果は2敗1分で、敗退しています。

その後も1990年には3連敗、1994年大会では1敗2分、1998年大会では2敗1分と、本大会に出場を果たしたものの、グループリーグで敗退しています。

そして迎えた2002年の日韓大会で、韓国代表は初戦のポーランド戦で見事にワールドカップ初勝利を飾ります。その後、強豪のポルトガル代表にも勝利をおさめ、初のグループリーグ突破を果たしました。

決勝トーナメントでも、初戦でイタリア、そして2回線ではスペインというヨーロッパの強豪国を次々と倒し、アジア勢としては初となるベスト4進出を果たしました。

残念ながら、準決勝ではドイツに、そして3位決定戦ではトルコに敗れてしまいますが、ワールドカップ本大会で第4位という素晴らしい記録を残しました。

その後も2006年、2010年、2014年のワールドカップにも順当に本戦まで出場し続けています。

現在の韓国代表は?

 韓国代表の強みは、その攻撃的なサッカーでしょう。アジアには珍しいタイプのサッカーを展開するチームとしてしられています。 現代表も、その伝統をしっかりと受け継ぎ、非常に強いチームとなっています。今回のアジア予選においても、大本命のチームの一つですので、見逃さないようにしましょう。

予選においても、本大会においても、韓国代表がアジアを代表するチームの一つであることは間違いありません。最終予選では日本と直接対戦することはありませんが、同じアジアで戦うチームの一つとしてしっかりと、その戦いをチェックしておくべきです。もしかすると、共に本大会出場を果たすことになれば、そこで対戦することになるかもしれません。