選手が国内でプレイしたい!と思える環境へ

サッカー日和  世界のトップクラブで活躍する日本人選手もとても多くなっています。かつて、日本人選手が海外に出ることすら難しかった時代のことを考えると、日本サッカーのレベルが高くなった、と言えることは確かでしょう。

多くの選手が世界のトップクラブを目指すことは決して悪いことではありません。むしろ、各選手のモチベーションアップに繋がり、日本サッカーの強化に繋がることは言うまでもないでしょう。 しかし、選手たちがあまりにも海外にばかり目を向けてしまう状況は、長い目でみれば日本サッカーの強化の妨げとなってしまうかもしれません。

強豪国となるための条件

 サッカーの強豪国と呼ばれる国では例外なく国内リーグが大きく盛り上がっています。イングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラ、イタリアのセリエAにドイツのブンデスリーガ…強豪クラブはもちろんのこと、2部リーグに所属するチームにも熱狂的なサポーターがついており、スタジアムはいつも賑わっています。

身近なところでサッカーというスポーツが人気を集めていれば当然、競技人口も増え、レベルの底上げに繋がるでしょう。 強豪国となるためには、海外に選手を輸出するのではなく、国内リーグを盛り上げることが必要不可欠なことなのです。

Jリーグをもっと盛り上げるために

 日本のプロリーグであるJリーグはどうでしょう?一部の人気チームの試合であればヨーロッパの名門リーグにひけをとらないほどに賑わっています。 しかし、下位チームや、2部のチームの試合となれば残念ながら閑古鳥が鳴いているという状況です。

筆者は2部リーグであるJ2に所属する、とあるチームのサポーターです。本拠地は地方の小さなスタジアムなのですが、それでも満員になったのを見たことがありません。

こうなってしまった理由の一つに、日本の選手が目標とするチームが国内にはない、という点が挙げられるでしょう。 選手にとってサッカーはビジネスですので当然、より良い条件でプレイできるチームを目指すのは当然のことです。それが海外にしかないとなれば、国内リーグは、海外に出るための単なる踏み台となってしまいます。

まずは、国内リーグの環境を整え、世界的に見ても強豪と呼べるチーム作りをしなければならないのではないでしょうか。 日本人選手が誇りを持って国内リーグでプレイできる環境を作ること。それこそが日本サッカーを強化する上では欠かすことのできないポイントだと筆者は考えています。

ハイレベルな海外サッカーを見るのはサポーターの立場からしても非常に楽しいものです。しかし、日本の国内リーグもそこと肩を並べることができるようにならなければ、ワールドカップで強豪国と対等に戦うことはできないでしょう。