守護神で分析する

サッカー日和 ゴールキーパーは一見地味なポジションであるように思われがちですが、実際にはとても重要なポジションです。ゴールを守る最後の壁ですので、ここが崩れなければ決してゴールを割ることはできません。極端に言えば、ゴールキーパーが失点を許さなければ少なくともチームが負けることはありません。そんなゴールキーパーから各国の戦力を分析してみましょう。
◆イケル・カシージャス - Goal.com
◆マヌエル・ノイアー - Goal.com
◆ジャンルイジ・ブッフォン - Goal.com

現時点の最強キーパーはスペインのカシージャス

 無敵艦隊のゴールマウスを守るのはやはり最強の守護神、イケル・カシージャスです。その安定感は他のキーパーと比較しても別格です。彼がゴール前に立っているだけで、シュートコースを見つけることができなくなってしまうという選手もいるほどです。彼がいるかぎり、まだまだスペインの時代は続くのかもしれません。

対抗馬はノイアー

 ドイツの守護神であるマヌエル・ノイアーがカシージャスの唯一の対抗馬といえるのではないでしょうか。まだ年齢も若いため、これから先のさらなる成長も期待することができます。かつて世界最高のゴールキーパーと称えられた同じくドイツ代表のカーンを彷彿させる安定感を持っていますので、いずれは彼の時代がやってくるのかもしれません。

ブッフォンだってまだまだやれる

 長年イタリアのゴールマウスを守り続けてきたブッフォンもまだまだ現役です。そのしなやかなバネはまだまだ若手にも負けていません。そして、なによりもゴールキーパーは経験がものをいうポジションでもあります。

 今大会はゴールキーパーもタレントが揃っています。彼らとメッシやロナウド、ルーニーの対決は見ものでしょう。若手からベテランまでバランスよくそろっていますので、このポジションが世界的にもっとも安定した人材のいるポジションなのかもしれません。このポジションで戦力分析は、やはり本命はスペイン、対抗でドイツ、イタリアでしょう。