日本のサッカーファンとしての誇りを

サッカー日和  FIFAワールドカップをはじめとした国際大会に日本代表が参加するたびに、日本のファンのマナーの良さが話題になることがあります。

試合中は精一杯声援を送り、相手選手に対するブーイングもほとんどありません。素晴らしいプレイを見せてくれたら、敵選手であっても拍手を送ります。

試合後も、スタジアム内や周辺のゴミ拾いをするファンの姿などは、海外のメディアでも大きく報道されました。

そんな日本のサッカーファンとしてしての誇りをあなたは持っていますか?近年では、残念ながら、同じ日本のサッカーファンとして情けなくなってしまうようなことも起こっています。

日本のサッカーファンは世界一素晴らしい!そう胸を張って言えるように、あなたができることからはじめてみましょう。

ブーイングの必要性は?

 海外のスタジアムへ行くと、あまりにも激しいブーイングに驚いてしまうことがあります。かつて、日本のスタジアムではほとんどブーイングが聞かれることはありませんでした。

しかし、あまりにもふがいないプレイをする選手やチームに対しては、しっかりとブーイングをすることがサッカー界のためになる、という考え方が日本でも広まりつつあります。

確かに、これは間違った考えではないかもしれません。しかし、こうしてブーイングをする、という文化が広まることによって、間違った使われ方がされるようになってしまいました。

たとえば、他のチームに移籍してしまった選手が、敵チームのユニフォームを来て、古巣と試合する際に、大きなブーイングを浴びてしまうことがあります。 これは正しいブーイングと言えるのでしょうか?叱咤激励の意味ではなく、憎しみのブーイングはやはり見ていても気持ちの良いものではありませんよね?

また、こういったブーイングが原因となって、サポーター同士のトラブルが発生してしまうこともあります。

ブーイングが絶対的な悪、とは言いませんが、そのあり方について一度しっかりと考えてみる必要があるのではないでしょうか?

日本にフーリガンは必要ない

 近年になって、差別的な横断幕を掲げることによって、あるチームのサポーターが処分を受ける、という事件が起こってしまいました。

好きなチームを応援する、という気持ちが間違った方向へ進んでしまった結果と言えるでしょう。 相手チームを挑発したり、侮辱したりすることが、好きなクラブをサポートすることになるのでしょうか?絶対にそんなことはありません。

海外ではフーリガンと呼ばれる過激なサポーターが昔から問題になっています。海外のハイレベルなサッカーに憧れる気持ちはわかりますが、悪い点まで真似する必要はありません。 日本にフーリガンがいたからといって、国内クラブが強くなるわけではありません。それどころか、サポーターの起こしたトラブルによって、チームが処分されてしまえば、逆に足を引っ張ってしまうことになるのです。

こんな過激なサポーターが増えてしまうと、誰もが安全にスタジアムでの観戦を楽しむことができなくなってしまいます。 それは、日本のサッカー界にとって、大きなダメージとなるでしょう。

世界一マナーが良いと言われる日本のサポーターですが、近年ではそのイメージを完全に壊してしまうような残念な報道が聞かれるようになっています。 どうか、日本のサッカーファンとしての誇りを持つようにしてください。