アジアで勝てるのは「当然」ではない

サッカー日和  1998年のワールドカップ以降、日本がアジアで勝つことは「当たり前」となってしまいました。このような意識を持つことが、チームの強さに繋がるというケースは、もちろんあります。しかし、その一方で、日本の場合はこの意識は日本の弱さや、アジア予選での敗北に繋がってしまう可能性があることも、しっかりと頭に入れておくべきでしょう。

よく、アジアはレベルが低い、と言われがちです。確かに、ワールドカップの結果を見れば、南米やヨーロッパのチームほどの結果を残せていません。最近では、アフリカ勢にも苦戦を強いられています。 そのため、日本はアジアの中であれば勝てる…という誤った認識を持ってしまう方も少なくありません。

日本の勝利の歴史は意外と浅い

 サッカー日本代表は、1998年のフランス大会ではじめてワールドカップ本線への出場を果たしました。その後は一度も、出場を逃したことはありません。 しかし、それ以前はどうだったのでしょう?長年にわたって、常にアジア予選で負け続けていたのです。つまり、日本がアジアで勝てるようになったのは、日本のサッカー史の中でも、ごくわずかな期間に過ぎないのです。

むしろ、日本サッカーは、ずっとアジアで負け続けてきたとも言えます。それでも、日本はジアでもトップレベルの強豪国である、と言えるでしょうか。 実際に、ここ最近はアジアレベルでの敗北も目立つようになってきています。アジア杯でも決勝にすら進むことができずに敗れ、ワールドカップ本線を占う貴重な実践であるコンフェデレーション杯への出場権を逃してしまいました。 この敗北は決して偶然ではなく、ワールドカップ最終予選でも十分に起こり得ることなのです。

アジアの上位国はどこが勝ってもおかしくない

 最終予選に残った国はどこも、アジアの強豪国と言えるチームですので、どこが勝ってもおかしくありません。つまり、この国々に日本が敗れたとしても、それは決して驚くべきことではないのです。

実際に、ここ数年、日本は親善試合やアジア杯などでも何度も敗北していますし、勝ち切れずに引き分けで終わってしまう、といった試合も少なくありませんでした。 そんな結果から目を逸らして、最終予選本番では絶対に勝てる…そんな根拠のない自信を持っているファンやサッカー関係者は少なくないようです。

それどころか、ワールドカップ本線での上位進出のことを今の段階で考えているという方も少なくありません。もちろん、目標を高く持つのはとても大切なことですが、その前にあるアジア最終予選は無条件で通過できる、と考えているのであれば、それは大きな間違いでしょう。

まだアジアで勝てなかったころの日本代表チームはこの予選を必死に戦ってきました。その意思が続いていたからこそ、近年は予選で勝利することができたのでしょう。 しかし、必死で戦ってきた記憶が薄れつつある今日では、いつ予選で負けてしまったとしても、けっしておかしなことではないのです。

日本代表はアジア予選で負けてしまうかもしれない…最近ではそう考えるファンはあまりいないようです。しかし、その意識が蔓延してしまうと、思わぬところで敗北を喫し、ワールドカップ出場の夢が断たれてしまうかもしれません。