どうしてロナウドは点を取れるのか

サッカー日和 2011-12年シーズンのサッカー界でもっとも多くの注目を集めたのは、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの熾烈な得点王争いではないでしょうか?最終的にはメッシに敗れたものの、ロナウドはリーガで46得点、シーズン全体60得点というとんでもない記録を作り上げました。

ロナウドの打ち立てたゴール記録

 彼は多くのゴール記録を持っています。まず、2010-2011年シーズンでスペインの1部リーグであるリーガ・エスパニョーラ記録となる40得点を記録しています。しかし、その翌年、さらにその記録を大幅に上回る46得点をあげています。この記録は同シーズンにリオネル・メッシによって破られてしまいましたが、サッカー史に残る大記録といえます。

また、100得点の達成もリーガ最速記録となる92試合で達成しています。そして、100試合時点で111得点と、またリーガ新記録を打ち立てています。

どうしてゴールを量産できるのか?

 このように、ロナウドは多くのゴールで記録を塗り替えてきました。どうして彼はこれほどまでにゴールを量産することができるのでしょう。

身体面でのポイントは、その体幹の強さでしょう。これによって、激しく前後左右に動いてもバランスを保つことができるため、他の選手には決して真似できないようなトリッキーなプレーが可能となります。そして、さまざまなパターンで高精度なシュートを放つことができます。

そして、最大のポイントとなるのがゴールへの執着心です。ロナウドは時には自己中心的とも捉えられるようなプレーをしてでも「自分がゴールする」ことにこだわります。

サッカー選手としてこれが正しい姿勢であるのか、という点に関しては疑問が残りますが、結果として彼はゴールを量産することに成功しています。

どんな凄い選手にも、必ずその理由があります。稀代のストライカーとして知られるロナウドがゴールを量産することができるのも、このような理由があります。目的があるのなら、その目的を達成するにはどうするべきなのかをまず考えることが大切です。
このロナウドの姿勢はサッカー以外で参考にすることができます。
男性の中には性機能の低下に頭を悩ませている人も少なくないでしょう。ここで、性機能を取り戻すという目的が生まれます。そうなれば、次はその目的を達成するためにどうすれば良いのか考えるべきでしょう。

そうすれば、専門のクリニックへ行き、治療薬を手に入れるといった手段が見えてくるでしょう。経済的に不安があるのなら、もうじき登場する安価なジェネリック医薬品を利用するという手段もあります。
このようにロナウドのゴールへの姿勢を学び、さまざまな場面で活かしてみましょう。