世界最高のサイドバックは?

サッカー日和 サイドバックは世界的に人手不足となっています。それだけ難しいポジションであるということでしょう。しかし、守備においても攻撃においても重要なポジションとなりますので、ここに有力な選手のいるチームがかなり有利に試合を進めることができるといえるでしょう。そんなサイドバックのポジションで各国の戦力をチェックしてみましょう。
◆フィリップ・ラーム - Goal.com
◆長友佑都 - Goal.com
◆マッティア・デ・シリオ - Goal.com

最有力はラームか

 ドイツを代表するラームがこのポジションの最注目選手でしょう。恵まれた体格と、豊富なスタミナ、そして強いフィジカルと、このポジションに要求されるものをすべて備えている名手です。しかし、年齢的にもそろそろこのポジションをこなすには限界が近づいているため、次の世代が台頭してくる可能性もあります。しかし、サイドバックというポジション限定でみれば、今大会が彼の大会であることは間違いないでしょう。

ラームへの対抗馬はやはりこの男!

 現時点で世界最高のサイドバックとされるラームの対抗馬として注目を集めているのは、日本の長友佑都です。体格こそは小柄であるものの、スピード、スタミナ、フィジカルのどの点をとってもラームに決してひけをとりません。むしろスタミナの面では長友の方が上かもしれません。いまや、イタリアの強豪クラブであるインテルの中心選手にまで成長した彼がワールドカップでどのようなプレイを見せてくれるのか、期待が高まります。

注目の若手デ・シリオにも注目

 イタリア代表の若きサイドバック、マッティア・デ・シリオにも注目しておきましょう。この若さでチャンスを確実にモノにし、ミランのレギュラーの座を勝ち取った期待の若手です。これから先のイタリアを牽引して行く選手となる可能性もありますのでしっかりとチェックしておきましょう。ここ数年、サイドバック不足に悩んできたイタリアを救う救世主になってくれるかもしれません。

 人手不足といわれるものの、サイドバックもしっかりと各国タレントが揃っています。しかし、やはりラームと長友には大きな期待をかけてしまいます。このポジションで戦力を分析すると、本命はドイツ、そしてその対抗馬として日本でしょう。